岡のBOSS(ボス)

引っ越しの荷作りをしているときにぎっしり詰まっていたクローゼットの中身を全部出してみると、いらないものばかりがゾロゾロ出てきて我ながら呆れました。特に服は何年もしまい込んでいたものが多かったのです。引っ越しの荷物作りを機にいらないものを手放すことができ、荷物も私の心も余計なものがそぎ落とされました。引っ越しの前に、業者の見積もりをとると思いますが、えっと思うようなことがありました。当然のように、液晶テレビの運搬では保険をかけないと契約できないと言われました。荷物の中には40型の液晶テレビがあったので、購入したときの価格が30万円以上の品は、保険をかけなければならず、それを見積もりに計上するとのことでした。言われるままにおよそ1500円の保険をかけましたが、これで良かったのかずっと疑問に感じています。業者に依頼する引っ越しでは、流れとしては引っ越しの日程など大まかな枠組みが見えてきたら、費用などの見積もりを業者に依頼し、業者との間で諸条件に折り合いをつけられれば、今後の作業を正式に依頼します。全面的に荷造りを任せるのでなく、荷造りを自前ですすめる場合は、段ボールなどの梱包材をもらっておき、引っ越し当日までに終えておきます。引っ越しの本番では、流れは全てプロにおまかせとなります。どの世帯でも、引っ越すときには使うものがあります。そう、新聞紙、ダンボール、テープ類、ひもなどです。どこでも手軽に買えるものですが、専門の業者に依頼した引っ越しならば、契約するまでに契約特典扱いで、このような消耗品を持ってきてくれることもあります。契約が成立すれば無料なのに先に買ったものが無駄になったと泣かないようにまずは見積もり依頼の時に確認するのを忘れないでください。家中のものを引っ越しのために整理していると、どこの世帯の引っ越しでも不要品が生じます。悩ましい問題ですね。ここで調べる価値があるのは多くの引っ越し業者が行っている、不要品を引き取るサービスです。電化製品などは、業者によっては有料処分が原則になっているものをリサイクルといった名目をつけて無料回収を行うところもあるので引っ越し業者に聞いてみてください。先日引っ越したのは良いのですが、準備で疲れてしまったのは確かです。マンションの高い階に住んでいたため引っ越し業者に、自分で運べない荷物を依頼したんです。しかし、近所への引っ越しだったので自分で運べそうなものを残しておいて引っ越しの前日までに台車に載る分だけ移動するという流れでした。本当に、台車にはお世話になりました。段取りこそ、引っ越しで一番大事なことです。大きさと数が間に合うようにダンボールを用意し、当面使わないものから梱包しましょう。日用品は取り除けておき、それ以外を大体の用途で分けた上で梱包するのが普通です。中身が何か書いた紙を、ダンボールに貼っておくと荷物を開ける際、役立つでしょう。いわゆるライフライン、電気やガス、水道の手続きは忙しくても、必ず終わらせましょう。引っ越しもいろいろな方法がありますが、私の場合は業者さんに依頼したのは大きいものだけでお金をかけたくないので、後は自分たちで持っていきました。荷物を全部移動させたところで、転入届を市役所で出してきました。いろいろなハプニングもありましたが、力を貸してくださる方もたくさんいて、本当にありがたいことです。その日のうちにご近所さんに挨拶に伺い、やることはまだまだたくさんありますが、がんばります。住環境を快適に保つということは、家や部屋の中だけで完結するものではないでしょう。隣近所との関係を保つことも、住環境の一部なのです。円滑な関係作りのためにも、引っ越したら、ご挨拶を早急に済ませましょう。無難なおみやげを用意して伺うのが良いでしょう。挨拶に時間をかける必要はないですが、良い印象が伝わるようにしましょう。第一印象を良くすることが肝心です。忘れていませんか?引っ越しの際に準備しなくてはならないことの一つがインターネット回線の移転手続きです。忘れている方も多いようで、荷物も人も移転しているのに、ネット関連の手続きを見落としていたことにはじめて気づく、そんな方はどこにでもいます。引っ越しが多い時期だと移転の手続きもなかなか進まないと考えてください。引っ越しの日程が決まり次第、プロバイダーへの問い合わせは抜けのないよう、早めに終わらせましょう。賃貸住宅から引っ越すと、原状回復が義務になっていますが、しかし入居中に経年劣化することも確かです。入居中に破壊してしまった部分は退去時に修理費用を払わなくてはならないことが一般的ですが、経年劣化と見なされる日焼けなどは修理費用を請求されることはありません。賃貸では、できるだけ現状のままで退去できるよう生活するのが自分にとって一番有利だと言えますね。引っ越しも、単身世帯だとベッドか布団かは悩むところです。ワンルームに住むとすれば、広さによってはベッドだけでかなり場所をとられてしまいます。また、専門業者の腕を持ってしても転居先のドアからベッドの搬入ができないという問題も起こるものです。引っ越しを機会に、ベッドを処分して布団生活を決断するのも意外と楽かもしれませんよ。一軒家であればともかく、最近のマンションやアパートでは隣に住んでいる人のことを全くわからないということが当たり前のこととして受け入れられています。だからといっても、日頃から挨拶する、何かあったときにはお互いに助け合えるという仲でありたいものです。ご近所とのいい関係を築いていくためには、まずは転入の際には、ちょっとしたおみやげとともに両隣に挨拶に行くことをおすすめします。まだ社会に出たばかりの頃に友達と二人で部屋を借りて一時住んでいました。当時はペット不可のアパートがほとんどで、友達のところに猫がいたので猫を飼える物件を見つけるのが大変でした。何軒かの不動産屋にあたって、猫が飼える物件に出会いました。引っ越しも早々にできて私も、友達も、猫も満足できました。新築の家が完成したのが数年前です。マンションから引っ越しました。何といっても、デスクトップパソコンの移動にあらゆる手を尽くしました。引っ越しの時は、娘は3歳、息子が1歳だったのですが、写真データの全てがパソコンのドライブに保存されていたので衝撃でデータが壊れてしまわないよう幾重にもクッション材を巻いて箱に入れました。業者さんもパソコンが入っていることをわかっていたため、ものすごく丁寧に運んでくれて、データは壊れることなく運ばれ、傷もありませんでした。先週の土日を使って、引っ越しを終えました。新居に入った日、玄関の明かりをつけたとき、「もう自分の家になったんだ」と実感がわきました。その日の夜は、思い切って普段ならぜいたく品のピザとお寿司をとって、好きなワインも買って引っ越しが無事終わったお祝いをしました。まだ残っている片付けもがんばります。荷作りも終わり、明日が引っ越し当日となれば、忘れず翌日のスケジュールがどうなっているか見てください。引っ越し業者の人が来るのは何時か、作業を終えて運び出すのは何時かという確認をします。搬出しやすいよう、荷物を動かしておき、業者さんと手伝ってくれる人のために飲み物を用意しておくことを忘れないでください。搬入が終わったら、飲み物を出すことで夏場の引っ越しでは感謝されるでしょう。誰でも引っ越しの際には様々な問題を片付けなければなりませんが、ガスコンロが引き続き使えるかも、考えなくてはなりません。私は引っ越し先が新築だったので備え付けの新しいガスコンロを使う流れになりましたが、家具付きアパートなどでは、引越し前から使っているガスコンロを引き続き使うという手もあります。注意しなければならないのは、ガスの種類です。転居前のガスコンロが使えないこともあるのでガスコンロを引っ越しの際に持っていくか、新しいものを買おうと考えているなら転居先のガスの種類を確かめてください。何から手をつけて良いのかわからなくなってしまうのが、引っ越しのときの手続きです。まず、各市区町村へ、転出届と転入届を出すことがあります。転出届は転出する市区町村の役所でもらいます。その後、転入する市区町村の役所に行き、転入の手続きをします。当然ですが、転出届がないと、転入の手続きができないことは気をつけた方が良いです。この届が他の手続きの元になるので引っ越し後、できるだけ早く手続きをしておきましょう。固定電話を使うか、使わないかも、引っ越しの際によく考えてみましょう。今どき、固定電話は絶対必要とは言えませんが、引っ越しても生活に電話回線が必要だったら、引っ越しても電話回線を使えるようにするためのやりとりを進めなければなりません。書類の往復に手間取っていると、転居後すぐに電話回線を使うことはできません。年度末やお盆、年末年始などは特に急いで移動もしくは新規契約の手続きに着手しましょう。ライフスタイルが変わっておそらくNHKは見なくなるだろうと思われ、もう受信料を支払わないと申し出ても、NHKの受信機がないことを証明させられるなど、思いの外大変なことになります。それだけでなく、受信料を口座引き落としにしている世帯では、手間暇かけた解約手続きの間にも全くNHKを見ていなくても受信料は払うことになるので、結論を出したらすぐに、解約へと進んでいきましょう。単身世帯でも、大家族でも引っ越しでは必ずダンボールが必要になるもので、サービスとして、業者がくれることもありますが、有料の業者もいるので注意が必要です。ダンボールが足りなければ、スーパーなどで無料でダンボールを分けてもらえます。サイズが整わないのは仕方ありません。荷物が入ったダンボールを縦横に積み重ねるので、同じダンボールを積むのでなければ積み重ねるとき配慮が必要です。荷物をまとめるのは引っ越しのメインとなる作業ですが、そこで緊張するのは割れ物の対応です。一瞬で傷ついたり、壊れたりするものなので、油断はできません。安全に運ぶためには包み方の工夫も必要です。新聞紙は包むものより一回り以上大きくして、普通は一個ずつ底から包みますが、新聞紙を一枚ずつ丸めて、シワをつけておくとぴったりしているよりもクッション効果が高くなります。それから、持ち手のついた食器類などあれば、その部分を最初に包装しておくと、欠ける危険が減ります。部分的にでも引っ越しを業者に任せると、費用面は同一内容の引っ越しで比べても時期によって変わることは確かです。旅行と同じく、春、夏、冬の休み中は引っ越しが多く、繁忙期になるため大半の業者は費用を高目に設定しています。時期が選べれば閑散期に引っ越すようにすると費用もサービスもお得になります。なにしろ閑散期と繁忙期では、倍近く料金が違うこともあります。職住接近したい、家族の人数が変わった、などの事情があって引っ越しを検討する世帯が多いかもしれません。その際、不要になったものや長いこと着ていない服などは手放し、大半の世帯では身軽になって引っ越そうとするでしょう。それでも、引っ越しを機会に布団類を買い換えることは少なく、引っ越しても同じものを使うことが当たり前になっています。毎晩寝て身体になじんでいるのでなかなか手放せないものかもしれません。転居すると、書面やウェブ上で届け出ますが、結果として変更を迫られることもあります。固定電話の番号は、その最たるものです。最寄りのNTTに連絡して、同じ電話回線を使い続けるために、必要な手続きは何か確認しておきましょう。NTTの電話番号は、市外・市内局番と個別番号で構成されており、同一市内局番の地域内で引っ越すなら、電話番号の変更はありません。冷蔵庫を運び出せるようにしていなくて、搬出時にゴタゴタすることもあると聞きます。前日までに、冷蔵庫については入っているものを出し、コンセントを抜き、下部の水滴貯めパレットに水がたまってくるので、それを捨てれば他にやることはありません。冷蔵庫の中のもの、特に生ものや氷は、冷蔵庫の電源を切るまでに使い切るようにし、購入するのも計画的にして、少しの間、冷蔵庫なしでもしのげるようにしておくべきです。私たちが引っ越し業者を決める際、日本通運(日通)が誰でも「引っ越しは、日通」のテレビCMを思い出すくらいおなじみの業者の一つでしょう。一般家庭の引っ越しを扱う業者は、どこも引越社、引越センターなどの名前だったというのがどこの地域でもみられました。ところが、運送会社は近年、単身者も含めた家庭向け引っ越しサービスを扱うのが普通になりました。日通のように、運送会社の中でも大手であればサービスもしっかりしています。様々な理由で、数多く引っ越しを重ねてきた方以外は、引っ越しするということは、生涯の中でも生活が大きく変わるきっかけでしょうが、かなり厄介なトラブルも予想しておく必要があります。引っ越し当日はみんな忙しいのに、いろいろな仕事が集中したときにどこかに番狂わせが起きると、引っ越し自体が回らなくなる事態に陥りかねないので当日までに、余裕を持って準備を進めておきましょう。現在の住まいに、結婚とともに引っ越しましたが、いろいろ調べて、ヤマト運輸の単身引っ越しサービスにしたんです。専門の業者にお願いした引っ越しを初めて行ったので最初の電話から、緊張の連続でした。ですが、スタッフ全員がきちんと対応していただき、作業も丁寧で荷物を任せるのに全く心配はありませんでした。今度引っ越しするときも、同じ業者に依頼したいです。