小原で館野

平均寿命は年々高くなりいまや超高齢化社会となってしまいました。この状況下で需要が高い職業が看護師と医師、介護士です。全て専門知識、特殊な技術が必要な仕事で、楽な仕事とはいえません。3つの職業人を育てることについて政府は今よりも、真剣に考慮した方がいいと思います。知人の看護師が、つい先日、転職をしました。ラクそうな職場だったのに、なぜ?と理由を問うと、「暇でしょうがなかった。忙しく働きたい」とのことだったのです。働きたくないと思っている人が多い世の中で、彼女みたいな考え方が出来る人もいるものなのですね。実際、看護師さんは重労働です。過労死を避けるように気をつけた方がいいでしょう。条件が合っていないなら職場を変えることを検討してください。長期治療の必要な病気になれば、思いっきり仕事をすることも困難になります。あなたの体調のことはあなた以外の誰も守れません。病院に向かうと次から次に患者の人がくるので、看護師の方はいつも忙しそうにしています。チャチャっとしていたり、大声で名前を言ったり、患者の方に説明したりと、しっかりしていないと、こなせない大変な職業だと感じます。しかし、その分、やりがいがある仕事だと思いました。もともと看護師は、病院やいろんな医療機関でとても大切な役割を担っているのです。ですけど、病院や医療施設の多くでは看護師不足となっているのが現状なのです。未だに、医療の場では、看護師不足の現状を基本的に解決はできておりません。今後は、ちょっとでも早くこの問題を解決に導く必要があると言えます。あまり時間が経たないうちに、辞めてしまう看護師は割と多いです。女性の割合が高いため、一度こじれると面倒で、看護師は再就職が難しくないことが関係しているのです。別の仕事と比較したら看護師ならいつでも再就職できるので、望んでいる労働条件とかけ離れていたら、さっさと辞めて、別の医療機関に再就職する人も珍しくありません。その業界それぞれに、従事者のみに通じる言葉があるものですね。仕事をスムーズに進めるためとかの訳でいろいろな業界用語が発展しています。同じように、看護をする人でも業界用語が使用されています。例を挙げると、心マは心臓のマッサージを指し、胸部の癌はマンマ、入院はアドミッションとか、数多くの業界のみの言葉を使うのです。どんな職場でも残業を行えばちゃんと残業代が出るというのは常識です。しかし、看護師の場合、時と場合によっては残業代が十分に出ないといったことがあります。特に転職をしてすぐで新しい医療現場に慣れていないといった時は、なかなか残業申請をしにくいムードなのです。ちょっとでも看護師の過酷な労働条件を改善する意味でも、残業手当がちゃんともらえるようにする必要があります。一般に、看護師の平均給与額は、激務の割に、それほど高額ではないのが事実のようです。ですから、いつもよりよい月給を支払ってくれる職場を求めて転職活動をしている人がいます。月収が良い病院は、やはり人気で稀にしか空きが出ないため、転職希望者によっては、看護師専門の転職サイトなどを駆使して、転職のために活動しているケースも少なくありません。医療機関で看護師は働いていますが、ただ、医療行為さえすればいいわけではありません。看護師は病気やケガが原因で動くことができない患者さんの身の回りの世話も重要な仕事なので、こういった仕事の中でとても忙しく勤めていますよね。激務の割には、収入は悪く、ストレスで病気になることもありました。知りあいが病院に入院していたので顔を見に行ったのですが、看護師さんが、複数の患者への対応をしている様子を見かけたのです。患者の中には、頻繁にナースコールをしなければならない人も多いのです。看護師さんは、お見舞い客の立場でみる範囲でも、日々苦労が絶えません。私が看護師という職業に就きたいと決意した志望動機は、病院で、さまざまな病気や怪我、体調不良などを抱える人の助けになることに、仕事のやりがいを見出しているからです。私自身もその昔、入院した時、病院で、看護師さんに助けてもらい、今後は、私も一人の看護師として、クランケのサポートをしたいと思っています。看護師は医療機関で就労していますから、勤務時間が多様です。安定して休日を取得できないといった不満があるのです。看護師というのは医療機関にとって欠かせない存在ですが、働いている側の本音としては悪いと言わざるを得ない勤務実態である場合が数多くあります。看護師はチャレンジングな仕事だと多くの人がいいますどんな職業でもダイレクトに人とかかわることが多いとはいえません。対して、看護師は人と密接にかかわることができ、援助することができるという意味で取り組みがいがあると感じる方が少なくないのかもしれません。実際、看護師からすると仕事と育児を同時にこなすのは難しい課題といえます。どんなに病院で仕事をしたいと思っても、育児をやりながら、看護師の職責を果たすというのは、実に様々な問題が生じてしまいます。看護師も育児もこなすのは自分だけの問題としてよりも結局は、医療全般の問題として取り組むことが必要になってきます。看護師の初任給は低いと思います。現に入院して看護師ウォッチをしてみると、重病な患者が入院治療中でなければ、一定の業務をこなすだけですが、その仕事量だけでもかなり大変です。重篤なクランケが入院している場合には、ますます多忙となってしまい、内的ストレスもたまるでしょう。いままでは男性が看護師をしている場合に限って、士という漢字が、用いられていました。しかし、今は男でも女でも、看護師の仕事をしているならば、師という漢字を付けるようになっています。看護師と看護士の両方を使用していると、あやふやで分かりにくくなるので、一つの用語を使用するように変更されたのだと思います。看護師の役目で重要な事の一つに夜間労働があるという事があります。医療組織では夜間でも患者さんの病状が急変する事も起こりやすいです。患者の病状の変化に対応するためにナースには夜中の勤務があるのです。けれども、看護師にとって夜中の勤務というのは健康を害しやすくなるため、、負荷が大きいと言えるのです。看護師は医師の指示により医療行為をする事が多いのですが、単純な医療行為ならば、医師の指示なしでもできます。なので、老人ホームなどという福祉施設に看護師の人がいれば、こんなに心強い事はないと思えます。看護師にとって仕事が簡単な病棟としては、採血室が一般的に知られています。透析、採血、献血など、特殊な仕事のみを行う科といえます。献血センターもこれに該当します。同じような作業の繰り返しで採血の技能も向上しますし、人の命にかかわるような仕事もあまりありません。採血は、どの科でも必要となるので、どの科に配属されても役に立ちます。退職金の金額を心配している看護師もいるでしょう。看護婦の退職金は、国立、県立の病院なら支払い額が多いです。国立や県立の病院の次に多いのが、大学病院になるでしょう。小さいクリニックでは、退職手当は少ししか出ません。夜間に勤務することが多いので、多くの人に仕事がしやすい場所とは限らないものの、大規模な病院の方が待遇が良いです。看護師が希望の病院、医療機関に転職する際に、重要なのが面接といえます。看護師が面接時に尋ねられることが多いのは前のクリニックでの仕事について、離職理由、働くとしたら、この病院で何をしたいと思うか、それに、看護に関する価値観などです。こういった質問にスムーズに回答できるように考えをまとめておくべきです。看護師というのは今でも人手不足となっているのです。この人手の不足を解消するには、看護師の資格を持っていながら何かしらの理由で、看護の仕事から離れている人に、看護師としての仕事に就いてもらうことが良いと感じます。そうするには、柔軟な働き方が出来るように、医療機関が良くしていくことが重要です。看護師というのは、大変なこともたくさんある仕事ですが、継続しやすい仕事であると考えられています。妊娠により一回休みを取ったとしても、復帰しやすい職種なのです。高いレベルの専門性が産休の後の復帰のしやすさにつながっていると思われます。とはいえ、就職先に困ることがないといわれる反面、離職の割合が高い仕事でもあります。ナースの仕事の内容は患者さんの治療関連の仕事のみならず、患者さんの身近なお世話まで、しています。医療機関の中で、看護師ほど、やることの多い人は存在しないでしょう。そんなナースの仕事の中味に合った待遇になってほしいと思います。看護師の数が少ないという医療機関も少ないことはないので、もう一度、就職することはいいことでしょう。でも、思いのほかブランクが長いと再就職できるか心配しますね。転職を斡旋してくれるサイトなどを効率よく活用して相談ができる制度を使うのがいいでしょう。結局のところ、看護師は患者さんの命を左右しかねない仕事ですから、すごく精神を酷使するのです。だけど、それでいて、あまり高給とは感じられない給料で根つめて働いています。看護師の業務への意欲を高くするために、できるだけ給料をアップしてほしいと感じています。看護師として働く時、楽だといわれているのは、外来の勤務形態です。もちろん、人の命を預かるという責任は同じことですが、夜勤の必要がない、休日がとりやすいといった理由で外来勤務を希望する方も増加傾向にあります。普通、看護師に就くには、単純に知識、技術だけではなく、「この世界で仕事をこなすんだ」という強い気持ちが重要だと思います。やはり、専門職であるから、一般職の女性などに比較すると収入はよく、働き口に困ったりもしません。でも、普段はほとんど関わることのない人間の死と向き合うことになるからです。私の叔母である人が、とうとう離婚をしてふるさとに戻ってくることになりました。しばらくぶりに会った叔母は思っていたより元気そうで、「看護師なんだから、仕事に困ることはない。あんな男といなくても余裕で暮らしていけるわ」と言って笑っていました。