修治の広野

私の話なのですが、二つの消費者金融でカードローンを組んでいる状態です。内訳は、十万と二十万ずつです。合計二万円を毎月返済中です。ですが、両社とも最大利子での貸付のため、どれだけ返済しても、利子を含めた返済額が少しも減らないのです。情報を集め、他の消費者金融に借り換えようとしましたが、どの消費者金融でも審査で弾かれてしまい、諦めてしまいました。そこまで高額の借入では無いのですが、よく分からないままカードローンを利用した為に、困った事になってしまいました。お金が必要になると、目先の支払いに焦って消費者金融や銀行の借換ローン(おまとめローン)など、借りやすいけれど高金利なところに足が向きやすくなると思います。生活資金に限れば、公的機関の融資を考えてみるのも良いかもしれません。居住地の社会福祉協議会では最大3.0%という低い金利で融資を受けることができます。社協の貸付制度のシステムとしては、保証人なしで借りることができますが、もし連帯保証人が付けられれば利息ゼロ(金利なし)になります。民間融資と公的融資。どちらもよく調べて、何のためのお金をどこから借りるか、よく考えてみてください。消費者金融が悪いというわけではありませんが、キャッシングをするのはほかにお金を用意する方法がないときだと思っています。どうしても欲しいものがあったとして、それが今後の返済と等価値なのか考えてから借りるべきでしょう。あくまでも個人の問題ですが、気軽な借金を一度覚えてしまうと、つい使いすぎて、返しては借金するという繰り返しに陥っている人もいます。利用するときは、慎重すぎるくらいで良いのです。目的や今後の返済をきちんと考えた上でどうしても足りない分だけを借り入れすれば、延滞やループに陥ることもないでしょう。いまどきのキャッシングはものすごく利便性が向上しています。もっとも顕著なのは、インターネットだけで簡単にすべての手続きを済ませられるサービスの登場です。利用状況や会社によって条件が異なるようですが、だいたい50万までの少額融資だったら免許証のみで本当にネットだけで契約完了します。手続きが済んだら銀行口座に入金してもらうこともできますし、カードを発行してもらうことも可能です。でも銀行にすれば、あとはATM等を使ってお金をおろすだけです。ただ、コンビニATMでは記帳ができないので、カード会社のWEB明細等でローンの履歴はきちんと把握しておきましょう。「嘘の申告をしてカードローンの審査に通った」という話をたまに聞ききますが、それは電子化以前の話のようです。事実だけ言えば、それはそれだけで刑法上の罪(有印私文書偽造)になります。審査の段階で会社側が気づいたとしても、もれなく通報するとは考えにくいですが、実害があれば被害届が出されるでしょうし、虚偽でお金を借りることがまかり通るなんて無謀というものです。信用情報にも瑕疵(キズ)が残るはずです。それで運良く(?)審査に通ったりしたらなお大変です。バレた時点で【全額一括返済】になるはずですが、本当に一括で返せますか?大きなデメリットがあります。お給料日前の飲み会や買い物などで急にお金が足りないときに、超短期型のキャッシングなら利用価値が高いと思います。給料で一括返済しても惜しくない金額に抑えておくのがコツですね。それに一括なら金利何%とかにこだわる必要もないでしょう。とはいえ、高額を一括返済するのは無理がありますから、もし分割にするなら利率の低いところでローンを組むほうがトクです。ちょっとネットで調べるくらいの時間があるのなら、自分が借りるローンの金利は確認しておいたほうが損がないと思います。アルバイトでもカードローンを借りることが出来るのでしょうか?こうした疑問を持つ人も多いですが、審査において何の支障もありません。もちろん、返済の必要がありますから、審査基準に一定の収入が求められるのは間違いありませんが、一概に正規雇用でなくてはならない、という訳ではありません。ですので、アルバイトとかパートの人の場合も月々に一定した収入がある場合は、無事に審査を通る可能性があると言えるでしょう。お金を借りる「カード」というと、クレジットカードと金融会社のローンカードをごっちゃにしているパターンが結構多いです。間違いやすいとは思いますが、実は両者の融資上限額がかなり違うんです。物品の購入を目的としたクレジットカードは融資の限度額が低く設定されており、カードローンは融資を目的としているので最初から100万円を超える高い限度額が設定されています。数字で比較するとクレジットカードとカードローン、全然違いますよね。家族や親族の急病で、ある程度高額なお金を急に用意しなければいけない。なんてことになったらと考えると怖くなります。ピンチを脱出するには、色々考えてみましたが、誰でも1枚は持っているクレジット会社のカードだとか、CMなどでおなじみの、機械操作だけで簡単に借りられる消費者金融のキャッシュコーナーもあちこちにみられるようになり、頼もしい限りです。気軽に利用できるのはもちろん、条件が良ければ5分ほどで貸してくれるのだとか。それも魅力の1つですよね。もしもの場合を考えて、自分に合った会社を探しておくことをお勧めします。お金を借り入れる際には書類や口座などさまざまなものが必要と思われていますが、意外と少ないので、驚く人も多いようです。融資元により諸条件が設定されていますが、写真付きの免許証やパスポートがあったら、業者が必要とする基本的な情報は揃うので大丈夫です。極端に言えば、免許証さえあればお金が借りられるわけですが、楽に借りれて楽に返せるかどうかは、本人次第と言えるでしょう。貸す側は『収入』を見ますが、毎月の『支出』について把握しているのはあなた自身です。どのようにすれば無理なく完済できるか考えることが大事だと思います。過払い金請求のコマーシャルって、ゴールデンタイムにも流れていますね。CMや広告自体も増えてきたように感じます。実を言うと僕も、カードでお金を借りていた頃はありますが、返済もとっくに終わっていて、現在では小額の利用が中心です。法律事務所に依頼してまで請求するほどの金額かというと、お門違いかもしれません。しかし「払い過ぎた額」というのは聞き捨てならないですよね。戻ってくるお金があるのかぐらいは関心がないというほうが嘘になります。金額が多ければ、請求してみる価値はあるかもしれません。カード、金融機関の如何を問わず、借金生活に身を投じるに当たっての上手な乗り切り方のコツは、このくらいなら返済できると思っても、見栄を張らず1回の金額を出来る限り抑えることです。返しているお金は、いつもの同じお札のはずですが、時々で見た目が変わって見えることがあると言います。最初の頃は大抵、目先のことしか見えていないため、意外に調子よく返していけることに浮かれ、もう返した気になってしまうことすらあります。最初からよくない方向にばかり考えるのもどうかと思いますが、そのまま最後まで返せるとしたら、それは奇跡なのです。当初の予定を妨害するような試練が降りかかるかもしれません。即座に返済不能になる可能性を低くするべく、再考を重ねて更にワンコイン分ほど落としてください。以上のような予定で返済を開始すれば、必ず最後まで返すことができるはずです。過去に延滞などの履歴があり事故顧客リストに掲載されている人でもよく探せば、お金を貸してくれる会社はあるようです。ただ、一般的に名前の知れた銀行はもちろん、大手消費者金融では審査の段階で断られてしまうので、無名か、あるいは中小規模の消費者金融から借り入れます。テレビ番組などでご存知かもしれませんが、小さな会社は「大手で借りられない客」を相手にするので、集客のために名前を売る必要がないですから、少しくらいの悪評は気にしない場合が多いようです。借り方、返し方次第では大丈夫かもしれませんが、注意が大事でしょう。クレジットカードと同様、キャッシングも利用明細書が発行され、登録した自宅に郵送されてきます。クレカなら便利だと思いますが、借金は知られたくないですよね。送付先を変えるとか、何か方法がないかと検索してみると、裏ワザとかでなく、普通に「明細書送付なし」の金融機関が多いのには驚きました。知名度が高いところが多かったですが、特にレイクの「180日間無利息」が群を抜いていました。181日以降は利息がつくので、それまでに返済してしまえば実質0円です。ネットで申し込むと即日振込でしたし、最大の懸案事項であった利用明細書については、申込時にウェブ明細サービスを選べば、家に郵送されることはないそうです(自宅送付も選べます)。おかげでやりくりも楽になりましたし、気持ちも楽になりました。お金を借りようと思って金融業者に申し込むと、職場に電話がかかってくることがあります(在籍確認)。いきなりローン会社の社名は出してきませんが、電話番号でバレたりするのではないかと思うとあまり気持ちが良いものではないですよね。そんな不安を解消すべく、勤務先への電話確認を行わないで審査が完了する方法もあります。対応のきめ細かさでは、大手に優るものはないでしょう。職場への電話を控えてもらいたいと伝えると、それ以外の方法(提出書類を増やす)で済ませてくれることがあります。オペレーターが疑問に答えてくれるので、電話で確認するといいでしょう。普段からある程度備えていても、不意の出費などでキャッシングやカードローンを利用する可能性はあると思います。そんなとき、よく知らないからといって考えもしないで近場のビルの無名金融などにホイホイ借りに行ってしまうと、とんでもない苦労を背負ってしまう危険もあることを理解してください。まずは、知らないところからは借りないこと。借りる前によく考えた上で、銀行のカードローンや大手金融会社などから借りるようにすれば安心でしょう。お金を借りるために金融業者を探しているなら、もしあなたが過去に他社で借りたことがある場合、気をつけなければいけません。過去に延滞の履歴があるときはとくに審査に通らない可能性もあります。条件次第とはいえ、審査基準は公開されていませんから、金利が高かったり審査のハードルが高いなどの問題もあるでしょう。また、事故顧客リストに名前が載っていたり、2ヶ月ないし3ヶ月以上の返済遅延がある場合は新しい借り入れ自体、ほぼ無理だと考えたほうが良いです。収入のないニートがお金を必要とすることは生きている以上当然のことですが、借金に関しては、親のことを考えて思いとどまるよう説得しに来る人もいるかもしれません。そもそも貸してくれる相手がいればですが、お金を貸すことを専門にしている会社はもちろんのこと、個人事業のようなところでも返済の見込みの全くない人にお金を貸すような馬鹿なことはしません。ただ、身内となれば話は別です。親族や友人から、お金を借りることができることも、よくあるでしょう。お互いの信頼感さえあれば、こちらとしても文句を言う筋合いなどありませんし、収入保証も、返済期限も気持ち次第でどうにでもなります。クレジットカードは、手元にお金がなくてもサインひとつでいろいろな物が買える、夢のようなアイテムですね。調子に乗って買い物をしすぎた結果、引き落とし前日になって引き落とし不能を回避する方法を考えあぐねて、仕方なく、使うつもりのなかったキャッシングにまで手を出してしまって、今度はそちらの返済にも困ってしまい、八方塞がりの状態になってしまいました。いっそのこと今勤めている会社を辞め、退職金を貰って払うしかないとまで思いつめましたが、両親に猛反対されて退職を思い留まり、両親に援助してもらうことになりました。数百万円と、実際自分の退職金ぐらいでは返済できないほど膨らんでしまいましたが、貯えていたお金をほとんど使わせてしまうことになりました。身内という甘えに流されて、返済が滞ることの無いよう、借用書を書いてお金を借りた事実を明文化することで、毎月可能な金額と、ボーナス時のまとまった金額の返済を積み重ねていくことで、普段の生活を送りながらでも完済できると思います。なにもカードローンに限りませんが、借金をする時に、貸す側が何より気にすることと言えば、借りる人がきちんと返済できるのかどうか、という問題ですよね。それゆえに、住宅ローンの審査を受けようと思っても、カードローンを利用していると、実際に住宅ローンを返していけるのか、そのような能力があるのかどうか、といった不安要素が残るため、都合が悪いと言えますね。お金を借りるには申込と審査が不可欠です。にもかかわらず、近年は即日という業者が増加し、老舗消費者金融や地銀大手などでもすごいところで30分や、長くて3時間もあれば融資金を手にできるというのがざらです。こうなると、時間がかかるほうが「変だった?」ような気がしてくるから不思議です。市場そのものが狭くなり、利便性による集客を目指しているとか、審査がここまで早くなったのには理由があり、中でもオンライン化は無視できないでしょう。どのような理由にしろ、申し込む側としては嬉しいことであるのに変わりはありません。さて、実際にカードローンを組んだ場合に気にかかるのが、カードローン会社が設定している金利ですよね。コマーシャルでも複数のカードローン会社のCMが流れますが、そこに提示される金利も、各社がそれぞれ異なった金利が表示していますよね。金利が高ければ高い程、返済するときの利息が高くなるわけですから、金利を確認して、安いところを選ぶのが正解です。今月は赤字にならなかったもののギリギリという月の給料日直前に、急な出費が出てしまった時、どこからお金を持ってくればいいか悩みますが、そんな時は、誰にでも利用できるものとして、金融会社などのカードを利用したキャッシングが挙げられます。申し込み、手続きはインターネットから出来るので、パソコンやスマホがあればオーケーです。限度額以内であれば、比較的簡単に貸してくれるようで、それを知っているだけでも安心感が違います。ただし、お金のやり取りをする以上、何らかの審査が必要になってくることは当たり前のことですよね。そこのところを理解していなければ、何社はしごしようとお金は貸してもらえません。給料だけでは足らず、必要があるたびにあちこちから借りたお金が積み重なってきていたり、延滞を繰り返し、返す気があるかどうか疑わしい場合など収入が借入金を下回るなど、きちんと月々の返済が出来る状態でないことがわかってしまったりすると、そのままで借り入れが可能になるなんて事はあり得ないので、もう借金の上乗せは出来ないものと覚悟を決めるしかありません。カードローンは即日融資が当たり前の時代ですよね。ネットで申込みますと、数時間経ったらもう振り込まれているんです。お金を先に振り込んでおいて、カード発行を後から行うという訳です。とはいっても、現物のカードを手にした後でも利用をネットに限っても良い場合が多いため、実際のところはほとんどカードレスローンと言っても良いくらいですね。専門学校の寮にいた頃、ド貧乏を経験しました。1ヶ月分の学食チケット(3食?90日分)を失くしたんです。転売する奴がいるので紛失しても再発行は効きません。実家暮らしでない自分には痛い金額ですが、親にも言えず、消費者金融で借りようと思ったんです。バイトのシフトを増やせば返せるかなって。だけど社会人でもないのにどこで借りられるかわからず、バイト先の人に諭されたのもあり、借り入れしないで、母親に相談しました。たとえ借りれるとしても、返すアテがなかったり無理になるような借金はしちゃダメです。冷静になってみると、たまたま無知が良い方向に向いただけなんだと、ラッキーだったと実感しています。自立するまでは、お金のことは誰かに相談するようにしたほうが良いですよ。闇金の実態とそこからの借金については、世間的にはどう考えられているのでしょうか。一生関わらずに済むなら、それに越したことはないでしょう。関わらないようにするという常識が広まっている割に会社の数が一向に減らないのは、毎日のように現れる、相応の事情を抱えた人たちの絶え間がないせいでしょう。銀行や金融会社での資金繰りはよほどの優良債務者でない限り扱ってもらえず、倒産が相次ぎ、リストラ、失業の嵐が吹き荒れるなど不景気の世の中でもがく人こそが、お金を必要としているのに、そんな人たちだと話すら聞いてもらえないこともあります。そして、最初は丁寧な応対で誘いかける闇金まで流れてしまうというわけです。でも、ご用心、一度お金を借りたら永遠に闇金の罠の中でもがき続けることになります。そうならないためにも、お金の使い方には細心の注意を払ってすご過ごしましょう。カードローンの具体的な返済方法についてお話ししようと思います。まず、銀行系のカードローンを組んでいる場合は基本的には口座引き落としですよね。また、消費者金融や信販会社においては、それ以外にも、振り込み、または、ATMでの返済も出来るんです。どちらにせよ、なるだけ手数料が負担にならない方法を選び、返済しましょう。それが適切な返済方法だと言えます。昔から借りている人ならご存知だと思いますが、2010年までに段階的に法律が改正され、カードローンやキャッシングの金利は厳しく制限されるようになりました。ただ、最大18%の金利が利息制限法で認められているのに、出資法ではそれを超える29.2%以下で貸付可能でした。あれ?と思った人も多いでしょう。一見して矛盾しているようですが、きちんと登録されていれば合法なのです。一般に、この金利の差をグレーゾーン(金利)と呼んでいます。最近頻繁に耳にする『過払い請求』というのは、利用者(債務者)がグレーゾーン金利として払った額を弁護士などを通じて返還請求を行うものです。裁判所はたいてい業者より債務者寄りの判断をするため、多くの人が返金を受けています。私自身の経験から、最も安心してカードローンを組めた会社はどこだろうかと考えてみますと、何と言っても、三井住友カードローンが良いですね。大手銀行系は不安が少ないです。それに、使いやすい事も、その理由の一つです。時々、条件が合わなくて望んでいた金額を借りられなかった、なんていうことがあるそうなのですが、私の場合は、これまで審査は全てパスしています。ところで、カードローンの審査基準は、利用可否の判断基準として全てではないものの、情報公開されているようです。本来、この基準は非常にシビアなものになっているのですが、一方では、実際の可否の判断は担当者の裁量に委ねられるという事も、珍しくはありません。それぞれが持つ事情を、一律の判断基準によって分割するなんていうことは簡単ではないんでしょうね。